i Magazine
インタビュー記事

新しい手順対応の「Toolbox JXクライアント」と 「Toolbox 全銀TLS+」をリリース

Toolbox for IBM iの操作感・インターフェースを継承し、IBM iユーザーはすぐに移行可能

サービス・ソリューション

Toolbox

IBM iユーザーの多くは何らかの対処が必要

IBM iユーザーの間で広く使われている「Toolbox for IBM i」は、もともとはTOOLBOX/400の名称で日本IBMによって開発・販売されていたものが2006年にネオアクシスへ移管され、以来同社が拡張・メンテナンスを行ってきた製品である。
 導入実績は「累計で4,000社以上」(ネオアクシスの白石昌弘ソリューション事業部 プロダクトサービス部長)あり、機能としては通信機能のほかに開発・運用支援や文書化支援なども備えるが、「IBM i用EDIツールのデファクトスタンダード」と言ってよい製品である。IBM iユーザーのなかには20年以上使い続けている企業も少なくない。

 そのToolbox for IBM iがサポートしている通信手順が、JCA手順、全銀ベーシック手順、全銀TCP/IP手順である。それをユーザーは、公衆回線上で利用してEDIを行ってきたが、その公衆回線サービス(INSネット「ディジタル通信サービス」)が2024年1月に終了するため、IBM iユーザーの多くは何らかの対処が必要になっている(図表1)。

「大手IBM iユーザーの多くは、インターネットベースの新しいプロトコルに対応済みですが、中堅・中小のユーザーは80 〜90%が、まだレガシーのプロトコルを使い続けていると見ています。とくに多くの取引先を抱える流通分野と物流分野の企業では、接続方法も多岐にわたり、対応の遅れが目立ちます」と、白石氏は現在の状況を説明する。
 Toolbox for IBM iが多数のユーザーに支持されてきたのは、標準的なプロトコル(JCA手順、全銀ベーシック手順、全銀TCP/IP手順)のすべてに対応し、EDIサーバーを別途構築することなく、IBM i 1台で運用できたからである。

 しかし2007年に登場したインターネットベースの流通BMSには未対応だったので、2011年にクラウド型の「Toolbox EDIサービス」をリリース、さらにその翌年にIBM i用のV.24通信カードを利用せずに通信できる「Toolbox for UST」を発売し、ラインナップに加えてきた経緯がある。

流通BMSにも対応するToolbox JXクライアント

 2018年5月に発売した「Toolbox JXクライアント」は、レガシー手順の後継となるJX手順に対応した製品で、「ディジタル通信モード」終了への対策となるツールである。
「JX手順は、サーバーとクライアントが通信する手順で、JCA手順と同様の運用方法で使用できます。Toolbox for IBM iと同様のインターフェースと操作感にしたのも特徴で、インターネットに接続できる環境があれば、Toolbox for IBM iのユーザーはすぐに使えます。IBM iのネイティブ環境で稼働する唯一のJX手順対応ツールです」(白石氏)

 2019年4月には、流通BMS用のデータフォーマットに対応する「XML変換機能」を追加し、流通BMSによるEDIが行える機能拡張を行った。この機能を使うと、取引先からの流通BMSフォーマット(XML)の発注データをIBM iの固定長フォーマット(データベースファイル)に自動変換してIBM iに取り込むことができる。また、固定長フォーマットの出荷データを流通BMSフォーマットに変換して相手先に送信できる(図表2)

全銀TCP/IP手順・広域IP網対応のToolbox 全銀TLS+

そしてこの10月にリリースしたのが、全銀協が2018年6月に発表した新しいプロトコル「全銀TCP/IP手順・広域IP網」に対応する「Toolbox 全銀TLS+」である(図表3)。

 全銀TCP/IP手順・広域IP網は、全銀ベーシック手順と全銀TCP/IP手順の後継となるプロトコルで、全銀ベーシック手順と全銀TCP/IP手順に、インターネットでの利用で必須になる暗号化機能を加えたものである。「Toolbox 全銀TLS+」では、既存の業務アプリケーションの変更は必要なく、「既存のCLプログラムの通信コマンドを書き換えるだけで、すぐに使い始められます」と、白石氏は指摘する。

「Toolbox全銀TLS+もIBM i上で稼働するので、新たなEDIサーバーは不要です。
Toolbox for IBM i と共存可能で、Toolbox for IBM iと同じ操作感・インターフェースで利用できます。また、端末側(発呼:Aセンター)とセンター側(着呼:Bセンター)の両方の機能をもっているため、これまで端末側、センター側のそれぞれでEDIを行っていたユーザーのどちらにもご利用いただけるのが特徴です」(白石氏)

 IBM iユーザーの多くにとっては、レガシーからインターネットベースのプロトコルへの移行は、これからが本番となる。
 白石氏は、「新しいプロトコルへの移行は、ディジタル通信モードが終了する1年前(2022年末)には完了させておきたいところです。すると、移行作業に割ける時間は2年ほどしかなく、今から準備を進めてもけっして早くはありません」と話す。

図表

※本記事はi Magazine 2019 Winterに掲載されたものです。
(c)2019-2020 i Magazine

※記載されている会社名及び製品名は各社の商標もしくは登録商標です。


社員の声

白石 昌弘
ネオアクシス株式会社
ソリューション事業部
プロダクトサービス部長