脱Notesで業務プロセスのDXを推進「脱Notesサービス」

ネオアクシスはこれまで多くのNotesユーザーの働き方改革を支援してきました。業界トップクラスのNotes知見に基づく最適なシステムの提案、手間・コストがかかるを移行作業を大幅に圧縮する自社開発ツール、300社を超えるNotes導入の実績により、安心・安全なNotes移行をサポートいたします。

Notesに存在する情報の種類を”整理・分類”する

長年Notesを利用しきた企業では、Notes/Dominoの特殊なDB構造に起因する検索性の悪さや、カスタマイズやDBのコピーを多用してきたことにより、多種多様なデータが氾濫しているという課題が挙げられています。この課題の解決策として、まずは「即時性・揮発性の高い情報」と、「保存性を求められる情報」に分類することが重要です。

守備範囲を正しく理解して複数製品を組み合わせる

Notesから新システムに移行する際、多くの企業ではコミュニケーション基盤機能であるメールとカレンダーから移行をはじめ、その後にWeb会議、チャット等の利用を開始されます。しかし自社で開発したアプリケーションの移行の検討を始めると、その難解さやコスト、期間が想定以上のものとなり、全て移行できずに頓挫することが多く見られます。
ネオアクシスは長年の開発経験からNotesのもつ広い守備範囲を正しく理解した上で、複数製品を組み合わせて移行することが有用だと考えています。
 

 

脱Notesサービスの概要

1.現状把握(Notes移行アセスメントサービス)

アセスメントを実施し、お客様とディスカッションしながら現状業務の把握、課題の抽出、あるべき姿の定義を行います。また、既存のデータ資産のたな卸しについては、ネオアクシスオリジナルのツールを利用して迅速に見える化を行います。
※詳細は、こちらのページをご覧ください。(Notes移行アセスメントサービス)

2.移行計画策定

現状把握した情報を元に、移行先のプラットフォームの選定を実施します。特にNotesの場合、その守備範囲が広く、一つのプラットフォームに移行するのは困難なケースがあります。ネオアクシスでは多数の移行実績で培ったノウハウを元に、適切なプラットフォームを選定し、移行計画の策定をご支援いたします。

3.実行・運用サポート

移行先プラットフォームの構築、新規開発はもちろん、手間のかかる「既存データの移行」についてはプラットフォーム別に移行ツールをご用意しています。構築・移行にかかる期間とコストを大幅に圧縮し、お客様に新しい環境を速やかに活用していただくためのご提案をいたします。またユーザー教育や運用定着化支援まで、カットオーバー後もトータルサポートいたします。

 

 

脱Notesサービスを支援するネオアクシスのソリューション

Notes Data Converter

Notes Data ConverterはNotes上の文書データだけではなく、添付ファイルやリッチテキスト情報なども移行が可能で、円滑にデータ移行を実現することができます。
intra-martやSharePoint OnlineへのNotesデータの移行をサポートします。
Notes DBの「フィールド名」を自動解析し、その情報を移行先のアプリケーションの「フィールド名」にマッピングする機能を持っており、「移行元」と「移行先」の「フィールド名」を「プルダウンメニュー」で選択することで容易にこのマッピングを行うことができます。
 

 

CSVコンバータ

NotesのデータベースとCSVファイル間のインポート/エクスポートを実現するツールです。CSVを介してNotesのデータと他のシステムのデータを連携することにより情報活用の幅が広がります。
SPOやBOXなどへの連携が可能です。

メールクリーナー

NotesのメールDBから、一定容量を超過したり、一定期間を超えたメールを自動的に削除するソフトウェアです。
多様な削除条件の設定により、きめ細やかな運用管理を行うことが可能です。 メールDBの整理、またはメールDBの容量増加に伴うディスクの逼迫・パフォーマンスの低下の課題を改善いたします。

NotesIDコンバータ

人事情報・組織情報のCSVファイルをダイレクトにドミノディレクトリおよび二次アドレス帳に反映するソフトウェアです。
社員情報とドミノディレクトリの整合性を保持しながら自動保守いたします。
システム運用担当者のニーズに応じた処理手順のアレンジが可能です。
複数の漢字アドレス帳を同時にメンテナンスいたします。

 

 

※記載された会社名や製品名は、各社の商標や登録商標です。

  • 働き方改革をリード
  • DXをサポート